FC2ブログ
主婦、人妻の方々の色んな浮気、不倫体験などを語っていただき、これから体験してみたいと考えている方へ参考になる参加型情報サイト。 サイト管理者のナンパの最近の活動報告あり、笑えます!

2011/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/04

2011/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/04

2011/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/04

2011/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/04

2011/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回、全国の40~69才の女性1000人を対象に性に関するアンケートを行ったところ(メディアパーク調べ)、49.0%が“ひとりH”の経験者だった。いつどんなときにひとりHをするのだろうか? 彼女たちから生の声を聞いた。

42才・正社員の女性は「旦那の寝たあとこっそりと…」するそうだ。

「旦那とは週1~2回くらいの割合でセックスをしているのですが、そのセックスがマンネリ気味なこともありイマイチなことが多いんです。悶々とした気分が解消されないままに終わってしまうと、欲求不満が残るので、そんなときは、マスターベーションをします。彼が爆睡したあとに、隣でこっそりとするのが楽しみです。もはやセックスのほうが前戯になっているかも?」

昼ドラのヒロイン気分でひとりHすると語るのは、40才専業主婦。

「旦那とはもう8年くらいセックスレスなのですが、ドラマなどで好みの俳優を見たあとの暇な午後にすることが多いです。昼ドラに好きな俳優が出ているときは毎日、見終わったあとにしちゃいます。夜の連ドラを見ていてラブシーンなどがあると、ムラムラするのでそんなときはお風呂でひとり想像しながらしちゃいますね」









性に対する関心は誰でもお持ちかと思うが、古今東西の性の歴史を紐解くと、中にはとんでもない記録を持っている人もいる。

例えば、米誌で「5000人斬り」を豪語したハリウッド俳優がチャーリー・シーン。
彼は妻へのDVやアルコール依存症など荒れた私生活で有名だ。
ちなみに、ハリウッドスターのウォーレン・ベイティは昨年発売された暴露本で「1万2775人と関係した」と書かれた。

一方、日本でいえば、40人の側室をかかえ、“オットセイ将軍”と呼ばれたのが江戸幕府の11代将軍・徳川家斉。
15歳で将軍に就任し、69歳で死去するまで40人の側室を持ち、正室を含めて17人が男子28人、女子27人、計55人の子供をもうけた。

そして、現代日本で珍しい記録を持っているのが、20か国で20民族の女性とセックスを経験したAV男優・志良玉弾吾氏。
彼は乳房をじっくり揉んで、乳首をしっかり攻めることにより、欧米の女性から大好評を博した。
欧米の男性はあまり乳房に興味を示さないため、普段は胸を愛撫されることは少ないという。
なお、日本女性のフェラチオのテクニックは海外の男性に絶賛されているそうだ。

最後に風変わりな記録を1つ。
NPO団体「性と文化センター」が主催する「マスターベータソン(マスターベーションマラソン)」の耐久部門で2008年、2009年と2連覇を果たしたのが、株式会社TENGA社員で商品開発を担当する佐藤雅信氏。09年の耐久時間は、9時間58分だったという。




このたび、全国の40才から69才の女性1000人に性に関するアンケートを行った(メディアパーク調べ)ところ、「どのくらいの頻度でマスターベーションしますか?」という質問に対しては、以下の結果となった。

週2~3回程度:8.8%
週1回程度:17.3%
2週間に1回程度:16.9%
月に1回程度:27.8%
2~3か月に1回程度:17.6%
半年に1回程度:6.7%
1年に1回程度:1.4%
その他:2.7%
ほぼ毎日:0.8%


ほぼ毎日している人から、1か月に1度という人まで頻度はさまざま。
『ずぼらちゃんのSEXバイブル』(ソフトバンク クリエイティブ)などの著書がある婦人科医の松村圭子さんは、「セックス同様、ドーパミンやセロトニンなどの快楽や癒しを司る神経伝達物質が出てくると、自律神経やホルモンバランスも整い、更年期が楽に過ごせることもあるんです」と語る。

また、ブログ『桃子のおもちゃDIARY~今夜、コレを試します~』で多くの“大人のおもちゃ”を紹介するOLブロガーの桃子さんは、「100%自分の快楽のためマスターベーションはするもので、セックスとは別」と語るが、少しずつそういう女性も増えているのかも。

さて、気になるのはマスターベーションのとき、何をオカズにするかだが、こんな答えがあげられた。

「昔の男」(44才・アルバイト、パート)「特に何も想像せずに単に刺激している」(40才・自営、自由業)「想像力や夫が隠れて購入したAV」(46才・専業主婦)「好きな人とのHを思い浮かべる」(40才・アルバイト、パート)「ネットの無修正画像」(44才・アルバイト、パート)「Hサイトの男性器」(50才・自営、自由業)「お昼、誰もいないときにHな官能小説を読みながらひとりHで解消しています」(44才・専業主婦)。

ネットオカズ派も意外と多かった。かたや日々のあらゆる刺激から想像をふくらます妄想派も健在。





業界初!安心安全の滅菌加工バイブ



20万部を超える話題のベストセラー『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』(ブックマン社刊)を上梓した産婦人科医の宋美玄氏は、男性諸氏にこうアドバイスする。

「セックスの途中で体位を変えるときには、その都度必ずペニスを抜くことを忘れないでください。某有名AV男優が『体位を変えるときにペニスを抜いてはいけない』と説いているようですが、これはとんでもない間違いです!
小陰唇が膣内に巻き込まれたら痛いですし、無理な体勢になることで膣内が乾いてしまう。
体位を変えるたびに挿入し直すのが“大人のマナー”です」


決められた行動をするだけで女の子とホテルへ。








「なんと今日は会社のマドンナとハメちゃったよ!!」




ハッ!・・・・・夢か orz

今日も一人で夢精してるよ(笑)





「昨日の飲み会は惨敗・・・お代は全額払い、役目は盛り上げ隊長」

「同僚のモテっぷりを傍目で見ているアフター5」

「生涯AV視聴本数大台の1000本越え!見飽きた果ては3D・・・」





「もう経験人数は煩悩の数を越えてるよ




・・・・・・・・・夢で o--rz」



体はうずいてるのに、現実は全くハメれる気配が無い!

それ以前にモテる気配すら無い!!





今、あなたはそんな悩みをお持ちじゃないですか?

この悩みを誰にも打ち明けられないで困ってませんか?





その原因は、

「意味のない口説き」や「意味のない会話」になります。




あなたは女性と向き合った時に苦手意識を抱いていませんか?

その場に精一杯で非常に残念な状態になって毎回後で後悔していませんか?






今まで通り過ごしても、これでは上手くいく確率は低いでしょう。

このままでは



●お金

●時間

●労力



果ては・・・・・

●精子の数


これらが、





「全て無駄になるのです!」






では、どのようにすればよいのでしょうか。

ここで会ったも何かの縁です。

あなたにお見せしたい、

是非見て頂きたい物があります。



『実績十分』 『効果抜群』


女性をお持ち帰りする為の、






≪ テ ン プ レ ー ト ≫






が存在するのです!!!!



このテンプレート、ただテンプレートに沿って機械的に行動するだけで、





女性が自然とお持ち帰りされてしまいます!!!





世間的には、※ただしイケメンに限る

       や
              
憧れの年収3000万越えの青年実業家・IT社長

などと、世間的にモテる容姿・収入・身分etc・・・・



これらは一切必要ありません☆






このテンプレートには未経験のあなたにも分かりやすく、

順を追ってあなたが取るべき行動が書かれています。


あなたはこれに沿って動くだけでいいんです!


これで明るいSEXライフが開かれます!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




今あなたが本当にヤリたいあの人とリアルにハメている姿を想像できますか?

というか、すぐにでも自分のモノにしたいんじゃないですか?




でも、その方法が分からない・・・・・・


これが現時点のあなたじゃないですか?





それならば、機械的に行動するだけで女性をモノに出来る

悪魔のようなテンプレートを知って頂く事をお勧めします。




詳しく紹介しているサイトがありますので、

下記より即チェックしてください。


↓   まずは見てみてください     ↓
↓きっとあなたに希望を与えられるでしょう↓


暗黒の極悪非道11ステップ完全お持ち帰りテンプレート



ギャルから主婦・芸能人まで420人の女性をイカせた石井哲平のありのままのSEXの全てをDVDで見せます!一晩で13回イカせる究極の方法を映像と音声で!DVD&CDセット



果たして女性が本当に好きな体位は何か? 

「女性3000人セックスアンケート」(性体験のある18歳~69歳までの女性3000人対象)調査結果から、男性が好きな「あの体位」を女性はこんなに嫌がっていたことが浮き彫りになった。

「好きな体位」は69.7%とダントツで正常位が1位。
対して正常位を「嫌いな体位」にあげる女性はわずか1%台だった。
その他の代表的な体位である「後背位(バック)」(14.6%)・「騎乗位」(8.1%)は意外と嫌悪感が大きいようだ。

後背位は、「野性的で燃える」(38歳・主婦)と愛好者がいるものの、「夫はしたがるけど、何だか動物みたいで下品に思えて気が向かない」(31歳・専業主婦)という否定的な意見が多く見られた。
騎乗位についても、「夫が楽をしたいだけとしか思えない」(50歳・専業主婦)「挿入の間、男が胸を触ったりキスしてくれたりということがないのがうんざり」(23歳・OL)などなどネガティブなイメージを持つ女性が多いようだ。



ギャルから主婦・芸能人まで420人の女性をイカせた石井哲平のありのままのSEXの全てをDVDで見せます!一晩で13回イカせる究極の方法を映像と音声で!DVD&CDセット





「セックスは付き合って何回目のデートから許す?」――女性の貞操観念を確認する際の「定番」だったこの質問は、もはや過去のもの。

11月上旬に女性3000人を対象に行ったアンケートによれば、交際していない男性とのセックスについて、「絶対にしない」と答える女性はわずか32%。
「夫や恋人などがいなければ問題ない」と答えた28.4%の女性と合わせた約6割の女性以外は、「夫や彼氏じゃなくてもセックスできる」と回答するのである。

「この歳で結婚してる女がセックスできる機会なんて、そんなにないし(笑い)。求められたら拒まない。夫にバレなきゃいい」(47歳・主婦)
「自分の“好き”って気持ちに正直ならOK。付き合ってからとか全然気にしない」(22歳・大学生)
 
また、今回の調査では売春経験者が全体の6.6%、複数プレイ経験者が同4.5%いた。

女性のセックスへのハードルは、男性が思う以上に低くなってきている。

本誌が、性体験の経験がある18~69歳の女性3000人を対象にアンケートを行ったところ、男性が好きなプレーに、女性が必ずしも興奮しているとは限らないことが判明した。
その代表格が「フェラチオ」だ。
調査結果は以下の通り。

「好き」:21.8%
「どちらともいえない」:28.0%
「嫌い」:43.6%
「経験がない」:6.6%

アダルトビデオには必ずフェラチオシーンが登場するし、男の多くが好むプレーだが、女性の4割超が「嫌い」と答えている。

「好きな男が感じているのを見て興奮するって女はけっこういると思うけど、フェラって行為自体が気持ちいいワケじゃない」(33歳・OL)
「体臭がキツかったり、体をしっかり洗ってない男に強要されると拷問に近い」(23歳・女子大生)
 
とまさに非難囂々。一方、女性に拒否感が強いと思われたクンニリングスだが、以下のように

「好き」34.3%
「どちらともいえない」27.3%
「嫌い」19.1%
「経験がない」19.3%

 34.3%が「好き」と答える高評価だ。

「体の中で一番敏感なのはクリトリス。手で触られると痛かったりするけど、舌や唇で柔らかく刺激されると相当感じます」(54歳・専業主婦)
「クンニだけでイクこともある。恥ずかしいので、電気は消してほしいけど」(31歳・OL)
 
ただし「シックスナイン」「口内発射」は、総じて不人気だ。

「やってる自分がバカみたい。要求する男はAVの見過ぎとしか思えない」(42歳・パート)
「口の中で出されると、結局挿入がナシってことになる。セックスには一体感を求めてるのに、こっちを無視して勝手に満足されても……」(25歳・OL)

女性の6割超が、男性とセックスをしていて「AVの影響を受けている」と感じるというデータもある。
AVで展開されるプレーは所詮「男性目線」ということ。女性たちは相当に苦痛のようだ。

※週刊ポスト2010年12月24日号




例によってイスラム教国では不倫が当然のごとく禁止されている。

アフリカのソマリアの中年男性は、未婚女性と不倫したとして昨年12月、「石打ちの死刑」に処された。相手の女性はムチ打ち100回の刑ですんだというが、こうなれば浮気も命がけだ。

意外な国では、米国ミシガン州にも「不倫法」が存在する。ミシガン大学に留学した男性がいう。
 
「州法の罰則対象になるのは、人妻と不倫関係になった男性です。この法律はどういうわけか男、しかも独身者の場合にだけ適用されるのです。最悪の場合は終身刑といいますから、これぞトンデモ法律といっていいでしょうね」

もっとも不倫法は1971年を最後に一度も適用されていないそうだ。

反対に不倫に寛容(?)な国や地域もある。
ドイツではスワッピングが盛んで、本屋や売店にいけば簡単にスワッピング雑誌が入手可能だ。
もちろんページを開けば夫婦交換希望のカップルが全裸写真でアピールしている。

イヌイットの古い風習では、客人への最高のもてなしが、家長の妻を差し出すことだったというから、本当に世界は広い。




『セカンドバージン』(NHK)が人気のように、最近は「不倫」に注目が集まっているが、 不倫を隠密に遂行するためには、配偶者にケータイの通話履歴やメールなどを絶対に見られてはならない。

「その点、スリープ状態から再起動する際に必ずパスワードを入力しなければならない“画面ロック”が常識のスマートフォンは最強の不倫ツールです」と語るのは、『人のオトコを奪る方法』(大和書房)著者の島田佳奈氏だ。

不倫相手とのメールも、「グーグルが提供するGmailを利用するのがオススメ」と島田氏。
表だったアドレスとは別に“不倫専用メアド”を簡単に持てる上、アクセスするときにパスワードの入力が必要になる。

相手もGmailを使っているなら『共有カレンダー』の機能も使え、メールしなくてもデートの予定を調整できる。




恋愛問題に詳しいカウンセラー・マキはメールで女性の恋愛相談に応じていたが、いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるようになった。
今回は30才OL からの、不倫メールにまつわるお話だ。

家が見えたらメールの送着信は全部消す。
家にいる時は着信通知が鳴らない設定に。
さらに点滅通知が見えないように携帯は裏を向けて置く。

「このくらいの気遣いもできない男に、不倫する資格はないね」と、会社の飲み会でエラそうに話していた不倫初心者の係長。
 
今、離婚届を奥さんから突きつけられてるの。
係長の携帯の扱いに疑問を持って「予測変換」をしたら、トンでもない文面が出てきたんだって。

係長? 今、病欠してる。
 




夫とのセックスに満足できていない人妻たちの多くはその欲求不満を「道ならぬ恋」に向けている。
史上最大の「人妻アンケート」(性体験のある18歳~69歳までの女性3000人対象)によると、「不倫経験がある」と答えたのは実に29.6%! 3人に1人近くの人妻が不倫経験者だ。

不倫の現場は「オフィス」だった。不倫経験者の約半数(47.1%)が「職場の上司や同僚など仕事関係」の男性と隠れて交際していた。
オフィスラブの多さは、女性の社会進出や不景気で共働きが増えたことの必然かもしれない。
 
「不倫相手は10歳上のパート先の上司。2人とも家庭があるので、土日は連絡とらないと決めているんです。
夫には“残業が多くて……”とウソをついて平日の夜に会っている」(35歳・パート)
 
「派遣社員として短いスパンでいろいろな企業を転々としているんですが、そこでいろんな男性から誘われてしまって……。
実はいま、2人の“元上司”と並行してつきあってます」(30歳・派遣社員)と、赤裸々な告白が続々。

次点はインターネットやケータイを介した出会い。
こちらは専業主婦の“利用率”が高いようだ。「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で知り合った自分より一回り若い20代の男性と月イチで会っています。
夫は単身赴任なので、バレる心配はないですね」(40歳・専業主婦)

不倫相手との交際期間は3年以上と長期にわたることが多いのが特徴だ。
「不倫に踏み切るのは、女性にとって相当の決断。相手が信頼できないととてもじゃないけど体を許せない。
第2の結婚みたいなもの」(52歳・パート)

また、何とも気になるのが、“職場関係”・“インターネット”以外。「友人」(11.1%)・「趣味の会・サークル」(8.5%)・「飲食店や飲み屋、ホストクラブなどで」(6.3%)・「夫の友人・関係者」(1.2%)・「近隣住民」(0.5%)で合計4分の1を超える。
「同窓会」(2.3%)を除けば、妻の不倫相手の4人に1人が夫も会ったことのある人物かもしれないのだ。ひょっとしたら、あなたの近くにも……。

※週刊ポスト2010年12月17日号





このたび、全国の40~69才の女性1000名を対象に性に関するアンケートを行った(メディアパーク調べ)ところ、「不倫をしたいと思いますか?」という質問に対し、「はい」と答えたのは9.5%、「いいえ」が64.1%、「どちらともいえない」が26.4%という結果だった。

「誰もが、いい恋愛、セックスをしたいと思うのは当然のこと。でも不倫したいか?と聞かれれば、どうしても罪悪感を覚えてしまう人がいまだに多いのでしょう。
恋愛をしたいのか?という質問なら、“はい”と答える人は多いと思います」とAll About恋愛ガイドでカップル・コンサルタントの西郷理恵子さん。

一方、『快楽―更年期からの性を生きる』(中公文庫)などの著書がある、ノンフィクション作家の工藤美代子さんは独身女性の不倫について「いまの社会では、不倫で苦しむのは女性。昔は妻帯者の男性が独身女性とつきあう場合、それなりの経済的な援助をした。ところが不況でそれが崩れてしまった。女性からすると“なんで妻にもなれないで、苦労しないといけないの?”と考えてしまう人が多いのでしょう」と分析している。


全国の40~69才の女性1000人を対象に性に関するアンケートを行った(メディアパーク調べ)ところ、「不倫経験はありますか?」との質問への回答は、「ある」43.2%、「ない」56.8%だった。

恋愛、官能など幅広い著作を持ち“ケータイ小説の女王”と呼ばれる作家・エッセイストの内藤みかさんはこう語る。

「不倫に対する倫理観がいまは薄れていっていますよね。昔は、思いつめて不倫する女性が多かったが、いまはそんなことまで考えない。私の周りで不倫をしている女性には、このまま夫しか知らないのは嫌だという人、セックスでイカずに死んでしまうのは嫌だという人もいます」

また、不倫経験が「ある」と答えた女性に、不倫相手はどんな相手だったか聞いてみると、「職場の上司」「職場の同僚」が多く、会社やパート先などでの“職場不倫”が多いようだった。

そのほかにも「子供の同級生の父親」(58・アルバイト、パート)「友達の旦那」(40・アルバイト、パート)「Facebookで知り合った、背が高くてハンサムな外国人」(59・専業主婦)といった回答もあった。


本物の出会い!!<18禁>
厚生労働科学研究所研究班と週刊ポスト編集部が2006年に実施した男性2000人を対象とした調査によると、不倫経験者は全体の74%。
また不倫相手の36.5%は「会社の同僚・部下、仕事相手」となっていて、オフィスラブの多さが目につく。




今回、バカ夫に不満を爆発させるのは、東京都で縫製会社、惣菜店、化粧品店を一族で経営しているWさん(48)。
“名前だけの”専務である婿養子の夫(49)の、“恋バカ”ともいうべき浮気癖にほとほと手を焼いているという。

 * * *
「専務が、またあの女の車に乗っていたけど大丈夫なんですか?」って、ウチの会社の従業員にいわれちゃいました。
“あの女”というのは、総菜店を任せている51才のバツイチ女T美のことで、夫とは2年前からの関係らしい。

そのことをいわれると「お酒を飲むときはいつも送り迎えをT美さんにお願いしているから私は安心よ」ってトボけるようにしています。
たいがいはこういうと “何も知らないんだ…。気の毒に”という顔をされて終わるんだけど、今日はついに、同級生のM子がスーパーの駐車場で声をかけてきて「いつまでそんなこといってるの。
ラブホから出てくるところだって目撃されているのに」と吐き捨てられました。
でも、もういいんですよ、あの恋バカにはもうお手上げ状態です。

今週は、夫とT美の“目撃証言”が立て続け。
毎年の恒例行事で、梅、桃、桜が開花する季節まで活発に動くんです。
T美の前が縫製工場のパートJ子で、スナックのナナちゃんというコとは半年くらいらしいし、その前の、経理担当のF子がいちばん長くて5年という話。
はっきりいって浮気よりも何よりも私が気に入らないのは、そろいもそろって、“残念な”容姿の女ばっかりなんです。
若いころは雑誌の読者モデルをしていた私を差し置いて、なんで?という感じです。
私が会社でも家でもダンナに厳しくいってるから、ダンナは自分が思い通りになる相手にいっちゃうのかもしれません。相手が自分の部下だったりするのはそういうことなのかも。

夫が浮気をすること、ですか? そりぁ、若いときには「あの女をとるか私をとるか!」と夫に包丁を向けたこともありますよ。大きな離婚騒動も2回。
初めて夫の浮気が発覚したときの相手は、経理担当のF子。
彼女は椿鬼奴似で華がなくてジミーなタイプ。私と比べてどこがいいのよ!ってそれがいちばん許せませんでした。
よりによってそんな女と、5年も続いていたんですから。

※女性セブン2011年3月17日号




全国の40~69才の女性1000人を対象に性に関するアンケートを行った(メディアパーク調べ)ところ、43.2%が不倫経験ありということがわかった。
不倫するきっかけはさまざまで、いま流行の同窓会もあった。

「20年ぶりの同窓会で昔好きだった人と再会。
その後会うようになって3度目、自然な流れでホテルに行きました」(52・自営、自由業)。
そのほかにも「別れても友達以上の関係が続いていた元彼。お互いに結婚して悩みを相談しているうちにそういう関係になって…。いまも続いています」(42・専業主婦)。
夫が浮気したことで、自らも不倫に走ったという人も中にはいた。

さらに、不倫をした感想を聞いてみると、 「かなり長期間の不倫だったので、精神的にくたくたに。もうこりごり」(45・会社経営)など後悔している人が少なくない一方で、こんな声も。
「セックスの相性が良かったし、楽しかった」(54・専業主婦)「ただの遊びと割り切っていたので、特にうしろめたさはなかった」(43・専業主婦)。

ほかには、うしろめたく思いながらも、女性としての悦びを感じ、関係を続けていた人も。
「後ろめたい分、不倫すると家庭でやさしくなれる」(41・アルバイト、パート)「自分にもドキドキする気持ちが残っていたと驚いた。
でも、これ以上は深入りしたくないという思いと、ひとりの女として幸せな思いのはざまにいた」(40・アルバイト、パート)。

※女性セブン2011年3月31日・4月7日号
もし、夫の浮気がバレたら、妻はどうするのだろうか?
このたび、全国40~69才の女性1000人を対象に性に関するアンケートを実施(メディアパーク調べ)。
その中から夫や彼氏に浮気されたことがあるという女性に「浮気が判明してどうしましたか?」という質問をしたところ、「男を怒った」と答えた女性が31.8%、「男と別れた」が27.7%、「黙ったまま」が18.4%、「浮気相手にアクションを起こした」が7.8%だった。

浮気相手よりも、やはり身近にいるパートナーにあたる人のほうが多い結果に。
駒沢女子大学教授で心理学者・富田隆さんによると、「怒るのは当たり前で、大事なのは行動。
怒るだけじゃなく浮気相手にいいに行くとか、パートナーに浮気するなと要求を突きつけるなど行動を起こすこと」とのことだ。

また、「自分も浮気した」(40・専業主婦)「同窓会で再会した元彼と浮気した」(42・専業主婦)という回答もあるが、恋愛、官能など幅広い著作を持ち“ケータイ小説の女王”と呼ばれる作家・エッセイストの内藤みかさんはこう解説する。

「本当はパートナーに対して行動することが筋。自分と相手との関係なわけですし。けれど、黙っているとすれば、そのストレスをどこで発散するのかーーだから自分も浮気をするという人もいますね。
『彼にはいわないけれども、それで、心の中でおあいこね』っていう。
そうやって許す道を見つけて、夫婦がまとまっていけるなら、それでいいんじゃないかなと思いますね」

その他「両方を並べて説教した」(45・アルバイト、パート)「携帯にはいっている女の名前を全部削除してやった」(41・正社員)「浮気相手の家にいるところに乗り込んで離婚届を突きつけた」(49・正社員)とパワフルな女性もいれば、「半年ほどさせてあげなかった」(68・専業主婦)「無視し続けた」(49・無職)というパートナーに精神的なダメージを与える方法も目立った。

さらに、「弁護士に相談し、話し合いの場をもうけた」(41・アルバイト、パート)「電話を録音して夫に聞かせて離婚した」(48・無職)「そのことは黙っておいてその後さまざまな証拠集めをしている」(50・専業主婦)という冷静な女性たちも…。

※女性セブン2011年3月31日・4月7日号





昼下がりのマル秘座談会。
不倫妻が120分トークを繰り広げた。傍目から見ればいずれも幸せに見える女性たち。
が、彼女たちは皆、夫がいながら不倫にハマっている。
なぜ夫ではダメなのか? そして夫からは得られない快感とは?

麻子(34歳・結婚6年、かつて働いていた会社の上司と不倫中):今の不倫相手は結婚式にも来てくれた独身時代の元上司で、4年続いてますけど、いまだにセックスの最中に「愛してる」って囁いてくれますから、自然と私の反応もよくなって。

佐知子(42歳・結婚3年、パート先で不倫相手を物色している):要するに、モノ扱いか、女として扱ってくれるかの違いね。
今の彼はちゃんと腕枕をして、髪をなでたりしてくれるけど、旦那なんて、終わった後に「やれやれ」って感じで背を向けて終了。
その差は天と地ほどに大きいですよ。

恵美(45歳・結婚20年、子供の学校の担任との不倫経験あり):夫とのことを思い出したらムカムカしてきたわ。「どうだ? スゴイだろ?」って毎回聞いてくるんだけど、もう結婚して何回やってるのよってね。
次はどこを触るか、何をいうか、体位の順番から何から何までぜ~んぶ一緒ですから。

佐知子:自分がうまいと思ってるんでしょ? 
私は今までさんざんイクふりして、“あなたはセックスが上手なのよ”ってほめて育てる教育してきたことを後悔してます(笑い)。

麻子:男の人はみんな、自分の女房が意外にモテるって事実が全くわかってないんですよ。
30歳過ぎてから気付いたんですけど、若い子たちって年上の女性、好きじゃありません?

恵美:そうそう、「甘えさせてください」みたいな感じで、言い寄って来る(笑い)。夫に甘えられるとあんなにイヤなのに、若い子だと頼られてるんだって思って嬉しいのよね。

麻子:女は結局、好きな人とセックスしたいんですよね。あと、好きでいさせてくれる人が好き。

佐知子 逆に、セックスの相性がいいと、ますます好きになる。つくづく結婚って難しいわね(笑い)。

※週刊ポスト2010年12月17日号





3000人の人妻に調査したところによると、「夫とのセックスと不倫相手とのセックスはどちらが頻度が高いですか?」という問いに対して、「夫」が34.8%だったのに対し、「不倫相手」が42.1%と上回る。

さらに、7割超(1438人)いる不倫経験のない人妻にも、「不倫願望」について聞いてみた。
大半の主婦は「不倫など想像もできない」(52歳・専業主婦)と保守的だが、約15%は「不倫願望がある」と答える「不倫予備軍」であることが判明した。
 
不倫願望があっても実行に踏み切らないのは、決して夫や子供への遠慮からではないらしい。
「適当な相手がいない」という理由が半数近く(45.8%)を占めている。
「ちょっとでもカッコいい人から誘われたら絶対断わらないと思う」(41歳・主婦)――男性からのアプローチを待っている人妻は多いのである。

※週刊ポスト2010年12月17日号



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。